弁護士に交渉を任せられる

弁護士に離婚問題を依頼する場合のメリットとしてはまず、交渉を任せられるという点です。お互いに話し合い、問題なく協議離婚できるということならいいのですが、トラブルを抱えている場合には、弁護士に依頼することで精神的負担も肉体的な負担も軽減できます。

相手が協議離婚に応じてくれない、交渉したいのに会って話をしてくれない、交渉できるような状態ではないということもあります。この場合、一人で対応しようと思ってもなかなか難しい問題です。相手が協議離婚を拒む、またDV等がひどく会うこともためらわれる、精神的に疾患を持っている状態、相手が遠くに行ってしまいどうにもならない状態、こうした場合でも弁護士に依頼すれば、依頼主に負担をかけることなく行動を起こしてくれます。

弁護士が離婚問題に介入しているということを、離婚を拒む相手が知れば対応しないわけにいきません。短期間で問題を解決する方がより自分が思う様に離婚できる可能性が強くなるので、弁護士が介入した方が納得のいく状況での離婚に近づくでしょう。弁護士というのは依頼主の利益追求ということが第一とされています。依頼主がどのような状態にしていくことが最もいいと考えているのか、条件などを細かく聞いてから相手の方と交渉してくれます。

調停、訴訟等に発展した場合、法律の専門家としてこれまでの経緯を詳しく説明し、依頼主の心証がよくなるように、裁判所に働きかけを行い、依頼主に有利な和解若しくは判決となる様に動いてくれるのが弁護士です。ただでさえ離婚という不安な要素の中で辛い思いをされているのですから、弁護士という専門家を頼りあかるい将来を見据えた行動をとる方がいいでしょう。